お客様のきれいをお手伝い|ネイリスト求人に応募

  1. ホーム
  2. 英語力を生かす仕事に就く

英語力を生かす仕事に就く

紳士

国際化の最前線に立つ

英語は今や事実上世界の共通語となっており、わが国でも多くの人が学校での必修授業にとどまらず、さまざまな機会をとらえて学習にいそしんでいます。ただ、実際に社会に出てみると、仕事の中で日常的に英語を使用する頻度は意外と低いことが知られます。せっかく身につけた語学力を存分に生かしたいなら、外国の企業等と直接やり取りができる職場への転職を目指すというのも賢い選択です。そうした転職先として最も適している仕事の1つが、貿易事務です。貿易事務は、モノやサービスの輸出入に係る各種の事務手続きに携わる仕事です。貿易の世界では各々の国籍に関わらず英語でコミュニケーションを行うのがほぼ常識となっており、英語力の高い人は需要があります。

仕事内容は多種多様

就職・転職先として貿易事務の仕事を選ぶ場合、その対象となる企業は多種多様です。よく知られているのは商社ですが、メーカーの中にも貿易を担当する部署を持っているところがあります。また、貨物業者や倉庫業者、航空会社、船会社なども貿易に関わっています。貿易事務の内容も職場によってさまざまです。基本的には輸出入の相手先や通関当局などとの書類のやり取りが大半を占めますが、時には電話や面談などによって直接言葉を交わす機会もあります。気をつける必要があるのは、貿易業界には特有の専門用語がたくさんあるということです。学校で習った英語だけで用が足りるわけではありません。就職・転職に臨む際は、採用後も語学スキルを磨き続けることへの心構えが必要です。

このエントリーをはてなブックマークに追加